まもるんぱー

工務店目線で徹底比較「制震ダンパー」の選び方|まもるんぱー! » 制震ダンパーとは?決め手のポイントとなる基礎知識

制震ダンパーとは?
決め手となる基礎知識

ここでは、制震ダンパーの存在はすでに知っていて、お施主様に説明するために理解を深めたいという工務店に向け、導入・販促時に役立つ項目に絞ってピックアップします。

こんな時どうする!?
制震ダンパーで地震からお施主様を守るには

日本は、世界有数の地震大国です。過去には何度も大地震や津波による災害を経験してきました。近年でも地震がたびたび起きていて防災意識が高まっているとともに、地震に強い家づくりを求める声が多くなってきています。

制震ダンパーは、耐震構造にプラスして住まいを地震から守る役割があります。期待される効果を得るには、建物にバランス良く設置することが求められます。

まもるさん

最近は、熊本地震のように、いつ発生するか分からない地震への備えが重要だ。お施主様は、工務店の説明で安心感が得られるはず。制震ダンパーの仕組みを把握して、住宅に合った製品を選んでほしい。

何を選べばいいか分からない…
「制震ダンパー」3選で
お悩み解決

制震材(オイル・ゴム・鋼材)の特徴と効果を比較

制震ダンパーを構成する素材には、主にオイル・ゴム・鋼材の3種類があります。それぞれ特徴やメリット・デメリットは異なり、建物構造との相性によって設置できない場合もあります。制震ダンパーを選ぶ際には、取り付け目的や費用、実際に施工する建物のタイプなど、総合的に比較して、どの素材のダンパーを導入するのか判断しましょう。

下記に「素材別・制震ダンパー比較表」をご用意しました。技術担当者や決裁者など社内理解を得る際や、稟議書の添付資料としてご活用ください。

次に、オイルダンパー、ゴムダンパー、鋼材ダンパーそれぞれの特徴を比較していきましょう。

オイル|制震ダンパーとは

オイルダンパーは、筒状のシリンダ内をオイルとピストンが移動し、その抵抗力を利用して地震の揺れを吸収するダンパーです。ほかのダンパーより比較的コンパクトサイズであることが特徴で、揺れやすい建物の外周りに分散させて設置します。基本的にどの木造住宅にも設置可能で、間取りによる制約はほとんどありません。

ゴム|制震ダンパーとは

ゴムダンパーは、主に特殊な粘弾性のあるゴムを採用した制震ダンパーです。ゴムを伸縮させることで地震の力を熱エネルギーに変え、建物が揺れる力を吸収します。サイズは大型が主流のため、施工できる間取りかどうか、入念な確認が必要です。住宅タイプによっては設置できない可能性もあるので、注意しましょう。

鋼材|制震ダンパーとは

鋼材ダンパーは、金や鉄、アルミなどの金属でつくられる制震ダンパーで、曲がるときの力を熱エネルギーに変換して揺れを吸収します。大きな揺れから効力を発揮するという特性から、大地震に備えて導入されることが多く、ゴムダンパーと同様に大型の製品が主流です。

制震ダンパーのデメリットは?導入時の注意点

制震には、耐震のような建築法の基準がありません。そのため、製品についての性能や安全性が分かりにくく、工務店や建築士などプロでも比較・検討が難しい分野です。過去には、データ改ざんなど、お施主様の不安をあおる不祥事もありました。製品を選ぶ際のポイントとして、各メーカーが示している数字だけに惑わされず、良品を見極める知見が重要となります。

制震ダンパーは、耐震等級をクリアした建物でないと、効果を発揮できません。導入・販売する際には、「耐震+制震=人と住まいを守る」という方程式を、お施主様にもしっかりお伝えしましょう。

制震ダンパーによる在宅避難の実現

制震ダンパーを装備して、災害時の家屋倒壊を防ぐことができれば、避難生活を送る際に在宅避難を選ぶことが可能です。在宅避難には、感染症のリスクを軽減する、不安のある中でも落ち着いて生活できるなどのメリットがあります。

制震ダンパーの設置におすすめのタイミングとは

新築時やリフォーム時、耐震工事時などのタイミングで制震ダンパーを設置することで、手間を省いて費用を抑えられます。制震ダンパーにはメンテナンスが必要ない製品がありますが、そうでない場合は定期的な点検とメンテナンスを行いましょう。

まもるさん

地震に対して不安を抱いているお施主様にとって、揺れによる建物へのダメージを減らす制震ダンパーは“心理的な安全”にもつながるもの。資料請求から施工日までのスケジュールや、お施主様が納得する説明方法は、下記リンク先を例に検討を。

耐震等級1ランク相当UPで売る!
「制震ダンパー」導入・販促
<虎の巻>

はじめて「制震ダンパー」を
導入するなら
まずは、この3選をチェック!
後づけOK!
施工の時間もとらせない
αダンパーExⅡ トキワシステム
トキワシステム_製品イメージ
引用元:トキワシステム公式HP
(https://www.tokiwa-system.com/concept/)

地震の大きさに関わらず、制震機能を発揮

・40坪、最短2時間で設置完了
・120年(※1)の品質保証があるためメンテナンス不要

対応住宅
  • リフォーム
  • 新築

電話で問い合わせる
0120-948-314
(フリーダイヤル)

断熱材への影響なし!
在来工法を強固にする
GVA(ジーバ) アイ・エム・エー
アイ・エム・エー_製品イメージ
引用元:アイ・エム・エー公式HP
(https://www.imanet.jp/construction_technique/)

筋かいの多い在来工法の
木造住宅を、より強固に!

・2×4工法にも取り付け可
・タスキと筋交いと同フレームへ設置可能

対応住宅
  • リフォーム
  • 新築

電話で問い合わせる
03-3553-5400

充実した販売・
設計サポートでフォロー
MIRAIE(ミライエ) 住友ゴム工業
住友ゴム工業_製品イメージ
引用元:住友ゴム工業公式HP
(https://miraie.srigroup.co.jp/miraie/)

新築限定!圧倒的な
知名度でお施主様も納得

・販促ツールでの工務店フォロー
・無料のシミュレーションソフトを提供

対応住宅
  • リフォーム
  • 新築

電話で問い合わせる
079-456-5383

*1:(株)トキワシステムが販売する「αダンパーExⅡ」製品に関して保証するものです。設計施工マニュアルに従った設置で、保証期間内に故障をした場合に限ります。無償修理、有償修理にかかわらず、修理が必要と判断される場合、本製品の設置および取り外し、再設置費用については保証対象外となります。

参照元:トキワシステム公式HP(https://www.tokiwa-system.com/hosho/)

【選定基準】
2022年6月1日調査時点において、「制震ダンパー」「制震装置」「制震システム」でGoogle検索して表示される全ページおよび「一般社団法人 日本免震構造協会」公式サイトに掲載されている中から、木造建築物を対象に制震機能のある装置をリリースし、「実績、実験結果、制震材の数的情報ページがある製品」という条件をクリアしたメーカーを選出しています(大手ハウスメーカー標準採用の独自開発商品を除く)。

ぼくが言うのもなんだけど、地震対策は大切だズン

なまズン

制震ダンパー導入時に役立つ
行政機関の地震関連サイト

制震ダンパーの選び方が
わからない人へ
特徴別制震ダンパー3選