まもるんぱー

工務店目線で徹底比較「制震ダンパー」の選び方|まもるんぱー! » 「制震ダンパー」の選び方 6つのチェックポイント » 人件費も視野に!費用で制震ダンパーを選ぶ

人件費も視野に!費用で制震ダンパーを選ぶ

制震ダンパーの導入には、本体に加えて副材費や人件費、配達コストなど様々な費用が発生します。ここでは制震ダンパーの費用を調べるコツや、制震ダンパーを費用で選ぶ際に気を付けるべきポイントについて紹介します。

制震ダンパーの費用を調べるには?

制震ダンパーを作っているメーカーでは、ほとんどの会社で費用について開示していません。そのため制震ダンパーには明確な相場はありませんが、大体の目安として1棟15~30万円程度を想定しておくと良さそうです(編集チーム調べ)。ただし、この金額はあくまで目安であり、導入する台数や建物の階層、間取りによってかかる費用は異なります。正確な料金については、各メーカーに問い合わせることをおすすめします。また導入する住まいが具体的に決まっている場合は、各メーカーHPやメールから資料請求して情報を集めましょう。

まもるさん

工務店・現場作業のプロなら、自分たちの手で「耐震等級」を満たして建てた家には十分自信があるはずだ。地震が多発する日本だからこそ、より安心して住める家づくりのために、制震ダンパーで補強することも考えていこう。資料請求から施工日までのスケジュールは、下の<虎の巻>も参考にしてほしい。

施工までの日程をチェック!
「制震ダンパー」導入・販促<虎の巻>

施工性&サイズに伴う人件費等を想定する

制震ダンパーの導入費用には、本体費、副材費、人件費、配達コストなどがあります。
大型ダンパーは重量があるため、設置に複数の人手が必要となり、結果的に人件費がかかることも。配達コストも検討材料となりますが、設置台数が比較的少なく済むというメリットがあります。

一方、1人でも運べる軽量さと施工性が特徴の小型ダンパーは、人件費の側面だけで比較すれば大型ダンパーより安く済むと考えられます。ただし、大型ダンパーよりも1棟当たりの設置台数が多くなる傾向があるため、大小いずれの制震ダンパーも、トータルコストで想定するのがベターです。

配送料や副材、メンテナンスによる別途負担を把握する

制震ダンパーを導入するには、本体価格だけでなく、配送料や副材料も発生する場合があります。配送料や副材の有無による別途負担を調べておくことも欠かせません。
制震ダンパーはメンテナンスフリーの製品が多いものの、製品保証や耐久性など、年数としてメンテナンスの有無を調べておくことが大切です。

制震ダンパーのトータルコストは、製品選びで大きく変わる

制震ダンパーの本体価格は、公開していないメーカーがほとんどのため、正確な料金はネット上で調べることが難しいものです。資料請求時には、副材の有無や配送料、設置に必要な作業人数も併せて問い合わせることをおすすめします。コストを優先に制震ダンパーを選ぶ際は、これらのトータルコストで比較・検討しましょう。

ぼくが言うのもなんだけど、地震対策は大切だズン

なまズン

制震ダンパー導入時に役立つ
行政機関の地震関連サイト

はじめて「制震ダンパー」を
導入するなら
まずは、この3選をチェック!
後づけOK!
施工の時間もとらせない
αダンパーExⅡ トキワシステム
トキワシステム_製品イメージ
引用元:トキワシステム公式HP
(https://www.tokiwa-system.com/concept/)

地震の大きさに関わらず、制震機能を発揮

・40坪、最短2時間で設置完了
・120年(※1)の品質保証があるためメンテナンス不要

対応住宅
  • リフォーム
  • 新築

電話で問い合わせる
0120-948-314
(フリーダイヤル)

断熱材への影響なし!
在来工法を強固にする
GVA(ジーバ) アイ・エム・エー
アイ・エム・エー_製品イメージ
引用元:アイ・エム・エー公式HP
(https://www.imanet.jp/construction_technique/)

筋かいの多い在来工法の
木造住宅を、より強固に!

・2×4工法にも取り付け可
・タスキと筋交いと同フレームへ設置可能

対応住宅
  • リフォーム
  • 新築

電話で問い合わせる
03-3553-5400

充実した販売・
設計サポートでフォロー
MIRAIE(ミライエ) 住友ゴム工業
住友ゴム工業_製品イメージ
引用元:住友ゴム工業公式HP
(https://miraie.srigroup.co.jp/miraie/)

新築限定!圧倒的な
知名度でお施主様も納得

・販促ツールでの工務店フォロー
・無料のシミュレーションソフトを提供

対応住宅
  • リフォーム
  • 新築

電話で問い合わせる
079-456-5383

*1:(株)トキワシステムが販売する「αダンパーExⅡ」製品に関して保証するものです。設計施工マニュアルに従った設置で、保証期間内に故障をした場合に限ります。無償修理、有償修理にかかわらず、修理が必要と判断される場合、本製品の設置および取り外し、再設置費用については保証対象外となります。

参照元:トキワシステム公式HP(https://www.tokiwa-system.com/hosho/)

【選定基準】
2022年6月1日調査時点において、「制震ダンパー」「制震装置」「制震システム」でGoogle検索して表示される全ページおよび「一般社団法人 日本免震構造協会」公式サイトに掲載されている中から、木造建築物を対象に制震機能のある装置をリリースし、「実績、実験結果、制震材の数的情報ページがある製品」という条件をクリアしたメーカーを選出しています(大手ハウスメーカー標準採用の独自開発商品を除く)。

ぼくが言うのもなんだけど、地震対策は大切だズン

なまズン

制震ダンパー導入時に役立つ
行政機関の地震関連サイト

制震ダンパーの選び方が
わからない人へ
特徴別制震ダンパー3選